誕生日に風俗でサプライズが!

危機感から、風俗へ

危機感があったんです。それは自分に対してです。子育ても終わり、後は定年まで働くだけ…そう思った時、府と自分の中で何かが切れるというか、このまま定年まで何をするでもなく、働いて人生終わってしまうのかなって。そんなの悲しいじゃないですか。まだまだ男としてもっといろんなことにチャレンジしてみたいって思っても、じゃあどうやって楽しむのかと言われてもその方法は分からないんです。ということで風俗に行ってみたんですよ。とりあえず何か新しいことをしないと、自分はこのまま年齢を重ねていくだけで人生が終わってしまうかもしれない…その危機感が自分を風俗に走らせたんですけど、実際に足を運んでみるとやっぱり楽しかったです(笑)風俗がどういったことが行われている所なのかくらいは自分もよく分かっていましたけど、実際に楽しんでみると男の部分を刺激されたので、今後も適当に楽しんで付き合っていきたいなって思ったのは言うまでもありません。

やっぱり無難でありたいからこそ

楽しめるのか楽しめないのか分からないものよりも、無難に楽しめるって分かっているものの方が良いじゃないですか。だから風俗が何だかんだで一番なんじゃないかなとは思いますね(笑)風俗にしておけば、あれこれ言われるようなこともなく、自分が楽しみたいように楽しめるじゃないですか。これだけでも相当魅力的なことなんじゃないのかなって思いますし、実際の所、やっぱりとっても楽しいのも事実なんですよね。風俗でなければきっとここまで出来ないだろうってことも楽しめるじゃないですか。それが魅力というか、楽しいのかどうかわからないようなものにお金を使うなら、楽しいと分かっている風俗でお金を使った方が有意義だと思いますね(笑)それに風俗で何よりも考えているのは、こちらの満足度だけじゃなくて相手の女の子の存在です。どんな女の子なのかによってもまた、こちらの気持ちは変わってきますのでその点もちゃんと考えるべき部分なんじゃないのかなって。